「買いやすさ」を究極まで突き詰めた会社とは?

飲食店業界の「オンラインマーケティング」サービスといえば、ホットペッパー、ぐるなび、食べログ、Rettyといったブランドが挙げられます。これらのサービスの「料金設定」は実に絶妙な値付けがなされていて、関心してしまいます。

「料金設定」が的確なので、利用する側が「買いやすさ」を感じて思わず買ってしまうのかもしれませんが、「売れている」ということは「買いやすさ」があるのでしょう。

他の業界ではテレビ通販の「ジャパネットたかた」が「買いやすさ」の筆頭と言えるでしょう。

最新の商品ではないかもしれませんが、比較的お手頃価格で、しかも分割払いの金利手数料が買う側に請求されないというのは「買いやすさ」の極致です。インターネットの市場でもそういった画期的な売り方が出てきてもおかしくないですが、なかなか実際には画期的な販売方法は見当たりません。

「ジャパネットたかた」はラジオ通販からスタートしたそうですが、今や全国を席捲し、家電商品ばかりでなく、世界一周旅行、調理用具、電話回線など、様々な商材を「買いやすく」しており、そこから学ぶ事も多いでしょう。