商品が売れないのは「売りにくい」からかも知れない…

商品、商材、サービスが売れない、と嘆いている方がいますが、もしかしたら「売りにくい」状態になっているからかもしれません。

「売りにくい」状態とは、①商品名がない、②販売価格が明示されていない、③仕様が明示されていない、というようなもので、すべてが当てはまることもあれば、1つだけ当てはまる、という場合もあります。

特に、「②販売価格が明示されていない」ことは案外多く、そのエクスキューズとしては「お客様によって売価が異なって来るから」というのが大半を占めます。しかし、そういう商品は自動車を筆頭に多いですが、大半の自動車には「価格表」があります。

せめて「価格目安」くらいは分かるようにしておくのが、販売をスムーズにするきっかけになると考えた方が良いでしょう。

実際、毎月3,000円なのか、1回だけ5万円なのか、申込金が別にかかるのか…何もホームページに書いてない場合は、買う側からしたら「不親切」と感じるでしょう。それが「月額50万円」で、初年度600万円という商材であっても、事実であれば記載があってしかるべきと考えています。